FC2ブログ

2010年02月 の記事一覧

身に覚えのない請求

クレジットカードの利用履歴に「身に覚えのない請求」が入ってた。これがいわゆる「クレジットカード不正利用」というやつか。本当に恐ろしい世の中だ・・・。

まぢで焦った。
とりあえずサポートデスクに電話して、すぐに停止してもらった。

で、かくかくしかじか話すと、記憶にない請求に関して調査してくれるということみたいだ。確認されれば取り消してもらえるらしい。その後、そのお金がどこから拠出されるのかは知らん。


しかし、どこで情報を盗まれたのだろう・・・。カードを盗み見られるようなことはないくらいに持ち歩いてるし(いるとしたら研究室の人くらいだけど、さすがにそりゃありえないだろう)、怪しいのはフランス出張でのホテルと、ガソリンスタンドで給油の手間を節約するための某サービスへの登録くらいか。

流出経路はきっと分からないんだろうな・・・。


ともあれ、カードを再発行してくれるようだ。
いや、本当に恐ろしい世の中だ・・・。


請求をチェックしてない人、さらっとでもいいから目を通すべし!
家計簿を付けてない人、後で何かあったときに胸を張って違うと言えるように記録しよう!!
スポンサーサイト



ねんきん定期便

久々に家に帰ったら、ねんきん定期便が来ていた。そういや誕生日に来るんだっけか。

で、中身を見てみる。

ふむふむ。間違いなさそうだ。と言っても、昔は家計簿で給与と社会保険料を分けないで記載していたので、給与明細を全部参照しないと正しいかどうかが分からない。まぁ、期間があってるからいいだろ。
とここで、使っている家計簿ソフトでこういうのをサクっとチェックできる機能があったら便利だと思った。本気でやろうと思えばgit cloneして自分で作り込めばいいだけかもしれんが。


しかし、あれだな。厚生年金ってのは標準報酬から決めてるのか。やけに高いと思ったら・・・。自分の給与の1.5倍以上の額が書かれている。この「標準」ってのが何なのか明確に示して欲しいものだ。


給付額はこれですか・・・。間違いなく都会じゃ暮らせないな。いや、その頃には物価が下がりまくっているのかもしれんから、何とも言えないか。


印刷されている紙の右下をよく見ると「〜.eps」と書かれている。印刷業界はPSなのか。しかしEPSなのかよ・・・。

こんな日に修論審査がある方々、審査をする方々、本当にお疲れさまです。


はぴばすでー2

誕生日なので、少し奮発するつもりで池ノ上ピエールに行ってきた。知らない人はググればすぐに見つかると思う。結構有名らしい。セレブ御用達だとか書いているサイトもある。ちなみに本家には書いてないので、勝手に書いているだけかもしれん。

とにかく、研究室から割と近い、というかいつも帰りに前を通っている(当然閉まってる時刻だけど・・・)この店に初めて行った。 【続きを読む】

はぴばすでー

はぴばすでー、自分!!

それだけです。ハイ。
研究室にいますが、それが何か?

カフーン

何だか最近体調が悪いと思ってたけど、分かった。花粉の季節到来だ。

花粉→鼻がつまる→口で息する→のどが乾燥する→風邪をひく

この鼻のつまり方がいかにも花粉っぽい。まだ飛散量は少ないみたいだけど、自分はちょっと飛んでるくらいでも影響が出てくる。それほどひどくはないのだが。

あーいやだいやだ。
だから春は嫌いなんだ。

箱根

慌ただしく過ごしていたら、一週間経ってしまったけど、先週の土日は某ワークショップで箱根に行ってきた。 箱根近いよ。ロマンスカーを使うのが悔しいから(途中からになるし・・・)各駅&急行を駆使して行ったのだが、それでも駅までは100分くらいで着いた。電車自体は90分くらいだろうか。乗り換えで待たされる時間がなければもっと短く済むのだが、そこは小田急的な事情というもので。 【続きを読む】

OmniGraffleから出力したEPSをPowerPointで使いたい件について

プレゼン資料とかTeXに貼り付ける図はOmniGraffleを使って作成している。OmniGraffleは割と使いやすい。Visioもあんな感じだとか。使ったことないので詳しくは知らないが。

まぁともかく、普段はepsを出力してTeXに貼ったり、そのままKeynoteにコピペして使っているわけだが、ポスターの作成などでPowerPointを使わなきゃいけないときが多々ある。Mac版は持っていないのでParallels上のWinXPを使っているわけなのだが、このとき図を使い回せなくて困った。


昔のPowerPointはtiffプレビューが入っているepsを貼り付けることができたらしい。表示はtiffで汚いのだが、pdf化することでps形式になるから問題ないのだとか。
が、2003くらいからこれは消えたらしい。読み込みの方式が変わったとのこと。OmniGraffleからDOS TIFFプレビュー埋め込みで出力してもダメなのはこういうわけらしい。PICTももちろんダメだった。


で、調べてみるとpstoeditでeps→emfに変換できるとのことだが、
・DarwinPortsではlibEMFがエラーになるからemf出力がサポートから外されている
・Winにpstoeditを入れたら色情報がなくなってしまった
というよく分からない現象に悩まされた。


なので、隣の席にIllustratorがインスコされている共有マシンがあるからこれを使うことにしたわけなのだが、今度は使っているfontがないからfontをアウトライン化しろ、だと。

pstoedit -f gs:epswrite hoge.eps hoge_converted.eps


とかやったのだが、なんだか知らんがBoundingBoxがどうしてもズレてしまう。

pstoedit -usebbfrominput -f gs:epswrite hoge.eps hoge_converted.eps

としてもダメ。変換前に元ファイルのBoundingBoxを少し大きくなるように変更したりしてもダメ。


色々試したけど結局どれもダメだった。
というわけで、結論。eps2epsを駆使すればできるようだ。
 気象学研究室フォーラム - EPS, PDF, PS と R や Linux (出版時に使う EPS ファイル)

ここに書かれているスクリプトを使ってepsを変換し、それをIllustratorでemfにしたらバッチリだった。素晴らしい。
でも拡大してないので、実は文字がベクトルデータじゃなくなってたりして・・・。